« 2012年5月 | メイン | 2014年1月 »

2012年7月 アーカイブ

2012年7月25日

カオス!

ドラゴンクエスト10の発売を目前に控え、ファイナルファンタジーのプレイを進めておきたいなと思いつつ、なかなか進捗をみせないこのブログ。はたしてFF1のおまけストーリー「Soul Of Chaos」も並行して進めていることを覚えている人はいらっしゃるでしょうか。私はずっと忘れてませんでした。忘れてなかったけど、触れもしませんでした。振り返ると、FF1のセーブデータを「ちょっと成長しやすくなってニューゲーム」みたいなことにして2週目に突入した結果、Soul Of Chaosの舞台である4つの場所に入ることができなくなったのでした。その後、地道にレベルを上げて土のカオスから順番に風のカオスまで討伐し、ついに大地の恵みのほこら攻略に動きだすことができました。

続きを読む "カオス!" »

2012年7月30日

4つの属性再び

ナイト・エフエフの旅がまだ終わっていなかったということで、順番にSoul of Chaosのダンジョンにもぐり始めまして、2番手は「燃えさかる火の大穴」となります。確か火のカオス・マリリスを打倒したときに封印が解けて入れるようになった大穴です。場所はバハムートのいたドラゴンの洞窟のある群島の一つなので飛空艇でひとっ飛びです。これらの追加ダンジョンは中のマップがランダムに現れるらしいので、何階に何があったとか書くことはできませんが、とりあえず面白いフィールドとして後ろ向きな性格の人々が通行を遮って、モンスターと強制エンカウントするポジションに誘導しようとするマップとか、大穴の中なのに外のフィールドのように広大なマップとかがありました。後者には名前付きのキャラクターまで登場して、広大すぎるマップの攻略法にヒントをくれたりもしました。その人の名は「チューレ」。彼曰く「宝箱を探してるけど船ではいけない場所があって、カヌーや飛空艇を駆使しなきゃならない」とのことで、なんとこのマップには世界に一台しかないと思われていた飛空艇が、浮遊石をもって砂漠のオアシスまでいくともう一台見つかるというサプライズが隠されていました。飛空艇をはじめてみつけたときの砂漠が割れるアニメーションのおまけつきで何だか嬉し懐かし気分になりました。

続きを読む "4つの属性再び" »

2012年7月31日

平将門の乱

Soul of Chaosの第三のダンジョン「癒しの水の洞窟」は、メルモンドの近く。内海と外海をつなぐ海峡のあたりの渦巻きの中です。20階層になっていて、例によってランダムマップになっているようです。5階にボスが一体、10階に一体、20階に二体と配置されていて、20Fのボスを倒すと強制退出させられるので、やはり二回は最低潜らなければならないダンジョンです。出てくるモンスターの強さは今の光の戦士たちにはとってはさして苦でもないので、ガツガツ階を移動していきます。ボスのいる5の倍数階は固定マップらしく、5階は人魚の里となっていました。水のカオス・クラーケンの居城・海底神殿にも人魚がたくさんいましたが、あちらは水のカオスの仕業でオンラクの町の神殿が沈んだ場所ですから、人魚の生息地としてはこちらの方が古株なんじゃないかと思います。カラフルな足ビレをバタつかせながら、色とりどりの鱗の人魚がいますので、さっそく手近の第一人魚の話を聞いてみましょう。

続きを読む "平将門の乱" »

このブログについて

検索

About 2012年7月

2012年7月にブログ「できるかなファイナルファンタジー」に投稿されたすべてのエントリーです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2012年5月です。

次のアーカイブは2014年1月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。