メイン

FF以前 アーカイブ

2006年9月11日

未だファイナルファンタジーを知らず

私は根っからのドラクエ派である。 回復呪文といえば「ホイミ」であり、「スライム」とともに成長してきたのだ。これは「ドラゴンボール」を主軸とした頃のジャンプ黄金期と少年時代が重なっていることに大きく起因している。当時のジャンプの看板である「鳥山明」先生は、私を含めたクラスメート、いや、学校中の男子の憧れの存在であったことは否定できまい。そんな鳥山明大先生がゲームのキャラクターのイラストを描いていらっ・・・続きを読む "未だファイナルファンタジーを知らず" »

2006年9月18日

ファミコン時代を振り返る

ファイナルファンタジーが出た当時のゲーム機と言えば、もちろん任天堂の「ファミリーコンピューター」のことだ。各家庭にパソコンが当たり前に普及した現在では考えられないが、ゲームはゲームセンターのアーケード機でやるものであった時代に、家の中でゲームができるということは画期的なことだった。家のテレビにつないでゲームができるという機体はいくつかあったが、カセットを交換して様々なゲームに興じることができるよう・・・続きを読む "ファミコン時代を振り返る" »

2006年10月20日

FFへの契機

ジャンプ、鳥山明、ドラゴンクエストという潮流に見事に流され続け、ファイナルファンタジーに視線を向けるそぶりもなく、ひたすら何年もドラゴンクエストの新作を待ち続け、発売日当日にゲームショップに足を運び、プレイを開始するとたちまち生活のリズムがドラゴンクエストを中心に展開され、隠し要素まで一通りやり終えると、今作のシナリオや新要素、ゲームバランスを反芻して飲み込んでいたら、前作ドラゴンクエスト8のとき・・・続きを読む "FFへの契機" »

2006年11月 2日

ファイナルファンタジーに関する知識量

ここで自分がファイナルファンタジーに関してどの程度の知識を持っているか再確認してみようと思う。ドラゴンクエストに傾倒していたとはいえ、ファミコン全盛期からどっぷりゲームに浸かってきた自分である。ファイナルファンタジーの知識がゼロではあるまい。・・・続きを読む "ファイナルファンタジーに関する知識量" »

2006年11月 3日

ファイナルファンタジーを始めてみるか

ファイナルファンタジーとは第一段発売当初から無縁であったが、たまさか知り合ったすごい人物がスクウェアの人だったこともあり、ファイナルファンタジーの存在は日増しに自分の中で大きくなっていった。自分の仕事で3Dモデルのデータを解析するなんてことも始めていた時期だったということもあり、3DCGに定評があるという点でも興味深い。ドラクエも8から立体だし、それ以前から立体化への布石はなされていた。(7のムー・・・続きを読む "ファイナルファンタジーを始めてみるか" »

2006年11月 4日

プレーヤーのスペック

2006年11月現在の私のゲーマーとしてのスペックは以下の通りである。 小学生の頃から、ドラクエ派として生きてきた。 ドラゴンクエストへの情熱は、堀井雄二、鳥山明、マシリトの三角ラインが揃っていた当時の週刊少年ジャンプの愛読者であったことと大いに関係している。 20代後半の男子。 子供時代にどストライクに狙いすましたかのようにファミリーコンピューターが発売される。スーパーマリオブラザーズが品薄で入・・・続きを読む "プレーヤーのスペック" »

このブログについて

検索