« スカートをはけない塔 | メイン | 武器庫・エウレカ »

禁断の地

エウレカへの扉

クリスタルタワーに足を踏み入れるや炎の魔人に出会い、4人そろって初めて退治したボスキャラのことなどをひとしきり思い出し、初心に返ったルーネス一行は、眼前に意味ありげな扉を見つけました。扉の前に立つや「な、なんだ!?」とルーネスが自分の手のひらに起こった異変に気がつきます。ルーネスが握りしめていた何かが光を放ち、閉ざされた扉に何かしらの作用を与えているようです。「ドーガがくれた鍵のおかげで道が開いたみたいだ。よし、行こう!」とルーネスはいち早く何が起こったかを理解した模様で、彼の言うことをそのまま受け取れば、ドーガがくれた二本の鍵のどちらかがこの扉を開いてくれたということになります。鍵の一方はこのシルクスの塔に入るためのものでしたので、消去法でこの扉の先にあるものはエウレカということに決まります。今まで名前だけの存在だったエウレカの実体はなんとクリスタルタワーの中にあったのですね。いや、マップを隅から隅まで移動したけどエウレカなんて土地は見当たらなかったので、エウレカへの鍵なんてどこで使うんだよって思ってましたが、ドーガさんはちゃんとご存知だったのです。シルクスの塔に着いたらエウレカにも行く流れになるのは必然なのです。その命を賭して二本の鍵を生成してくれたドーガさんとウネさんにあらためて感謝です。しかし、エウレカの正体は行ってみないことにはわかりません。敵の本拠地にあるくらいですから、ザンデさんサイドとしても手元に置いておきたい何かなのでしょう。なにかザンデ攻略に重要な役割を果たす可能性が高そうです。

あの扉の前からワープした先はやはり禁断の地・エウレカでした。そう、エウレカは禁断の地だったのです。文字通り受け取れば入ることを禁じられた土地ということです。黄色と黒の「KEEP OUT」と書かれたテープが張り巡らされてしかるべき土地なのです。入ってはいけなすぎて厳重に管理されていて、扉を開けるのにも大魔道師の弟子が二人死ぬくらいの犠牲が強いられるのがエウレカなのです。となるとザンデさんもこの地には自由に出入りできていない可能性があります。自分は入れなくても手元に置いておくということは、やはり人に入られては困るということ・・・つまりここにはザンデさんにとって不都合なものがあるわけです。
ワープした先をじっくりと見回してみると暗い崖のある洞窟で、ところどころに薄暗く光るクリスタルの鉱床があります。崖の下にもクリスタルらしき無数の光が星空のように光を反射させています。となると、ザンデさんに不都合なものがあるというのは読み間違いかもしれません。このエウレカで算出したクリスタルを資材にしてザンデさんがシルクスの塔をクリスタルボディーに変えた節があるからです。となるとはたして、4人がここで為すべきことはなんでしょう?クリスタルの供給をいまさらストップさせたところでクリスタルタワーはもう完成しているかもしれません。それでもドーガさんが行けというのですから何かあるはず・・・。

ハオカー、スレイプニル、オケアノス、アバイといったモンスターがエウレカでも登場し、行く手を遮ります。昔、スレイプニルっていうブラウザがありまして、まだタブブラウザが珍しかった頃で愛好家がたくさんいたように思います。元ネタは北欧神話の八本足の軍馬だそうです。このスレイプニルを使役していたのがオーディーンさんだそうなので、「なんで敵モンスターとして登場しているんだ!」とオーディーンさんに説教してもらいたいところですが、レフィアが幻術師から風水師にジョブチェンジしたので、それはかないませんでした。それどころかトードされてカエルになりましたね。あっ、導士・アルクゥがいるのでカエルにされても乙女のキッスを消費しなくてもすむようになりました。貧乏性なのでアイテムを消費するよりも魔法でなんとかしたいという気持ちが強いのですね。寝たらMPは回復しますので。

エウレカにも宝箱がたくさん落ちていて、中身の一つ「ふうまのころも」というのを忍者・ルーネスに着せてあげました。ということはルーネスは伊賀でも甲賀でもなく、風魔忍者に所属することになるのでしょうか。その名前からなんとなく風でも操りそうな雰囲気を醸し出す風魔忍者ですが、元をただせば風間さん一族だそうです。北条氏の諜報担当に「風間出羽守」という人がいたという記録があるとかなんとかWikipedia先生がおっしゃっていました。自分の中で風魔の小太郎のイメージがクレヨンしんちゃんのクラスメートの姿と声になりました。でも、バギクロスとかエアロガとか使えてもファンタジー忍者的にはありですよね。木の葉を含めれば木の葉隠れの術が決まりそう。

ニンジャ

それで宝箱を端からあけていたら「リボン」というアイテムが出たので、「ゲレゲレにつけなきゃ!」って興奮した瞬間に、宝箱の中からニンジャが出てきました。刀を構えているので、忍者なのに忍ぶ気はなさそうなヤツです。しかし、宝箱から出てくるなんて隠密行動にもほどがあります。お宝を守るベストポジションではありますが、体を小さく折り曲げて長時間、曲者を待ち続ける根性に拍手したいです。ライブラで弱点を確認すると「弱点は特にない」そうです。・・・ライブラの無駄打ち・・・。さて風魔のルーネスに向かってくるこの忍者はどこの一派でしょう。もちろんザンデさんの手の者なんでしょう。この右手の刀で切られると、毒と暗闇の症状に見舞われてなかなか厄介な戦いになりそうです。こういう毒物の類も忍者の里ごとに秘密の製法とかがあって、分析したらどこの里の忍者か判明したりするんでしょうね。同じ忍者としてルーネスにも毒の知識をつけたいところです。トリカブトあたりがやはり当時からポピュラーに使われていたんだと思います。用途によって命を奪わない程度に効果を抑えて相手を捕まえるのにも使えそうです。
ところでこのニンジャ、カタカナ表記なんですが、ザ・ニンジャ(キン肉マン)と何か関係があるのでしょうか。今、キン肉マンの連載が再開していて、悪魔超人の活躍が目覚ましいのですが、その中でもザ・ニンジャは人気が高いのかキン肉マン二世も合わせて露出が多いです。海外の人が忍者好きというのはよく聞かれますが、日本人もやっぱり忍者が好きなんですよね、ニンニン。
で、ニンジャ戦はレフィアが無駄にブラックホールばかり発動させて戦況がなかなか好転しなかったのですが、なんとか勝てまして、ドロップアイテムの手裏剣をいただきました。これは装備できないもので投げて使うものだそうです。しかし、貧乏性なので、アイテムを消費しながら戦う忍者の「なげる」コマンドを使いこなせません。スーパースターのゴールドシャワーなんて言わずもがないですね。それから宝箱から得たリボンは一番似合いそうなアルクゥ(猫耳)につけておきました。彼が男の娘になる日も遠くなさそうです。

円月輪が台座に

エウレカを奥へと進んでいくと台座のような場所に何かが置かれているのが見えました。この辺からエウレカの正体が判明していくのですが、とりあえず続きはまた次回!

このブログについて

検索

About

2015年3月 7日 19:32に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「スカートをはけない塔」です。

次の投稿は「武器庫・エウレカ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。