« 2012年1月 | メイン | 2012年3月 »

2012年2月 アーカイブ

2012年2月20日

高齢化

デリラばあさん

やっとのことで下水道の奥に住むデリラばあさんに会え、浮遊草の靴を貸してもらえるところだったのですが、デリラばあさんの投げた靴をキャッチしようとすると横やりが入るのでした。「危ない!下がるのじゃ!」と危険を知らせるその声は明らかに先に洞窟で助けた4人の老人グループでした。もう地上に帰ったものと思っていましたが、まだ何か本物の光の戦士に未練があったのか後ろからついてきていたようです。そのじいさんのしわがれた声に注意をそらされ、浮遊草の靴を地面に落してしまうと、その瞬間靴が爆発しました。衝撃で爆発するということは浮遊草の靴はニトログリセリンのような危険物だったのでしょうか!?イングズがじいさんたちに詰めより、なんでまだここにいるのか問いただすと、なんとさっき助けられたにも関わらず、ルーネスたちが心配になってついてきてくれたとのこと。老婆心という言葉の通り、人は年をとると余計なおせっかいを焼きたくなるものなのでしょうか。しかし、どうやらちょっと事情が異なるようです。デリラばあさんの投げたあの物体は浮遊草の靴なんかじゃなく、単なる爆発物とのこと。以前、この偽物を見たことがあったじいさんたちは、デリラばあさんがルーネスたちにむかってそれを投げつけるのをみて助けてくれたのでした。・・・もうほんとにさっきから「じいさん」とか「ばあさん」とか高齢単語ばかりタイプしてますが、アムルの町のお年寄り元気でやんちゃすぎるでしょ。他の町ではせいぜいジルじいさんみたいな長老役がいるのが関の山で、シドみたいなちょい悪じいさんがいるだけでも随分がんばった方だと思われるのに、アムルったら組体操を組む4人組のじいさんやら、爆発物を投げつけるばあさんやら、奇想天外にもほどがあります。

続きを読む "高齢化" »

2012年2月26日

強欲ゴールドル

デリラばあさんに爆殺されかけつつもなんとか浮遊草の靴を借りることに成功したルーネスたちは一路ゴールドルという男の館を目指します。おさらいするとゴールドルはどうやらクリスタルの所持者で、クリスタルを探しているルーネスたちを警戒してエンタープライズ号を鎖でがんじがらめにした男です。また、名前のとおり金目のものが大好きな欲張りで、底なし沼で侵入が困難な場所に住んで資産の盗難を回避している男です。館中が金で彩られているという典型的な成金趣味のこの男、想像するに狭量そうで性格も悪そうで、責任とか転嫁してくる感じです、きっと。

続きを読む "強欲ゴールドル" »

このブログについて

検索

About 2012年2月

2012年2月にブログ「できるかなファイナルファンタジー」に投稿されたすべてのエントリーです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2012年1月です。

次のアーカイブは2012年3月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。