« 2011年8月 | メイン | 2011年10月 »

2011年9月 アーカイブ

2011年9月15日

太りチョコボ

先日、ドラゴンクエスト10の概要が発表されました。賛否はあると思いますが、っていうか否定意見の方が多く聞かれた気がしましたが、9のときも前評判はそんなもんでしたよね。9はそんな評判を覆して社会現象レベルにしっかりヒットしてくれましたが、10が同じ結果を出せるかどうか楽しみなような怖いような。今回発表された内容だけですと、他の同ジャンルのゲームとさして変わらない印象ですので、ドラクエの味をどうやって添加していくのかが今後の注目ポイントだと思っています。「ネットワークを使って仲間を募って」っていうのはFF11をちょっと触ってみた私にはやや臆病になってしまう要素でして、なんかプレイすることを忘れていた期間にもお金だけはしっかり引き落とされていたという悲しい記憶と結びついてしまいます。課金の有無や仕組みも大事なところです。(切実に)

続きを読む "太りチョコボ" »

2011年9月18日

赤い面の者

前回、太ったチョコボ見物に寄り道をしたルーネスたちですが、さて、さすがにトックルに向かわないとあの老人と女子供しかいない集落がアーガスの兵に何をされるかわかりません。っていうか、もう手遅れな感じも否めません。浮遊大陸の正確な広さはわかりませんが、ドワーフの洞窟から直接トックルに向かったところで、船で何日かかかりそうな距離ですし、駆けつけた頃には村は全焼してるんじゃないでしょうか。Google Mapsのように画面の左下に縮尺が書いてあれば、距離感が掴めて移動時間の目安もつきそうです。そしたらギサールやデブチョコボに寄り道しなかったかも。そんな言い訳を考えながら、チョコボの森をでます。外にでて気がついたのですが、グルガン族の住んでる谷の南に湖があって、そこに何かの影がうごめいています。はて、今まで行ったことのない場所でしょうか。好奇心に突き動かされるまま、その湖に向かいました。結果、湖は岩山で取り囲まれ、唯一侵入できそうな場所も滝になっていて手漕ぎのカヌーではどうにもならなそうでした。・・・トックルの民が心配です。

続きを読む "赤い面の者" »

2011年9月26日

耽美な骸骨

前回、赤面のものにとっ捕まって、敵の本拠地に連れ去られたルーネスたちですが、牢屋の壁の穴を通って、どうやら脱出がかないそうです。やはり、大木を削って作ったようなお城ですから、牢屋の強度も木材レベルなんでしょうか。仮にも生きた木ですから、水分も豊富でさぞかし柔らかいでしょう。ひょっとしたら、砂漠の上を浮遊させているのは、早く乾燥させて城の強度を上げたかったのかもしれません。

続きを読む "耽美な骸骨" »

このブログについて

検索

About 2011年9月

2011年9月にブログ「できるかなファイナルファンタジー」に投稿されたすべてのエントリーです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2011年8月です。

次のアーカイブは2011年10月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。