« レオンハルト列伝 | メイン | 翡翠の回廊 »

最初で最後の4人

ここは俺に任せて先に行けの構図突然のパラメキア皇帝の復活とともにフリオニールたちとレオンハルトに地獄の鬼火のような青白い炎が迫ってきて、おそらく絶体絶命のピンチに陥っているという状況下になってしまいました。地獄の炎ですから、それはもう熱いに決まっています。多分触ったら溶けて死にます。でも、ドット絵だと残念ながらその緊迫感は伝わってきませんでした。ともするとムーンブルクの王様のように話しかけたりもできそうな鬼火です。
さて、そんな中、竜騎士・リチャード飛竜を呼び出します。「お前達は飛竜に乗って逃げろ!」とのこと。どうもこの場でパラメキア皇帝を再度倒すという選択肢は与えられない模様。それが一番手っ取り早そうなんですけどね。おそらく、レオンハルトとフリオニールの喧嘩っぷりをみていたリチャードが、今のままでは地獄でパワーアップした皇帝には勝ち目がないと踏んだのでしょうね。心配かけてすいません。そして、リチャードのおじさん一人で皇帝に立ち向かうつもりらしいです。

生きて帰るってエリナさんに言ったのにってそんな無茶な。そりゃあ、将来的にレオンハルトが4人目としてパーティーに入るためには、リチャードの居場所がなくなってしまうことは必定ですが、だからといって一人で皇帝を相手にするなんて無謀にもほどがあるってもんです。ゴードンやレイラさんのように円満に席を譲ってくれればそれでいいって話ですよ。そもそも飛竜に乗ってこその竜騎士ですから、飛竜をフリオニールたちに渡してしまったら、リチャードの機動力なんて鼻くそみたいなものかもしれないじゃないですか。かつて竜騎士の力を皇帝が恐れたなんて話もありましたが、飛竜から降りた竜騎士、いや単なる騎士はパラメキア兵の猛攻にすら屈してしまっています。どうして、そんな・・・

リチャード:最後の竜騎士・・・・。リチャード・ハイウィンドが相手だ!

そう、これは残された竜騎士の意地でした。リチャードにとっては、パラメキアの皇帝ほど憎い存在はないわけですよ。だって、同僚を全員惨殺されてますから。目の前にそんなやつがいるのに、逃げ出すわけにはいかんのです。男の子ですから。自分が生きるとか、死ぬとかは関係なく、自分のアイデンティティにかけて倒さなければならないのです。エリナさんとカインに必ず帰ってくるなんて約束をしてしまいましたが、それを反故にしてでもパラメキア皇帝は竜騎士として倒さなければならない相手なのです。
まぁ、カイン君がいるので竜騎士の血統は必ずしも絶えるわけではなさそうですが、竜騎士族の培ってきた妙技や伝統なんかは、実質伝えきれていない面も多いでしょうから、「最後の竜騎士」という言葉を使ってしまったことには、あまり深くつっこまないでおきましょう。
ところで、リチャードの姓が「ハイウィンド」っていうらしいですけど、この単語が結構気になったんですよね。で、思い出したんですが、キングダムハーツの各世界を航行するグミシップっていう乗り物に「ハイウィンド」っていう名前がついていたんですよね。リチャードと何らかの関係があるのだとしたら、ちょっと面白いなぁ。

敵討ちが彼の宿願というわけで、非業の死を遂げた竜騎士たちの魂の力を全身に受けてリチャードは甦ったパラメキア皇帝に突撃していきました。止める間もなくフリオニールたちは飛竜にかっさらわれてしまい、城の外へと脱出することになります。さすが竜と騎士の息の合った連携プレイです。
と、感心している場合ではありません。ここで考えなければならないのは、リチャードがどうしてレオンハルトも助けてくれたのかということです。直接的な恨みはないかもしれませんが、レオンハルトはにっくきパラメキアの新皇帝を名乗って、前皇帝同様の殺戮行動を行っていた人物です。リチャードにしてみれば、レオンハルトだってパラメキアという憎悪の対象の一員という認識をもっていてもおかしくなかったと思います。それなのにフリオニールと一緒に飛竜の背中に乗せて助け出すという行動に至ったのは何でなんでしょうか?まぁ、本人が皇帝に向かって特攻をかましてしまった以上、真実はわかりませんが、これもフリオニールの人徳というところでしょうか。レオンハルトなんて死んで当然だけれど、大事な仲間のフリオニールの幼馴染である以上、放っておくわけにはいかなかったのではないかと。お互いの主張をぶつけ合うレオンハルトとフリオニールの姿をみながら、若き日のフィリップ(エリナの夫)との友情を思い出したとか、そういうのもドラマチックでありかもしれません。ややもすると、レオンハルトが皇帝に対して「この化け物め」と発言したことで「敵の敵=味方」という単純な思考が働いた可能性もリチャードの場合、否定できません。

パラメキア城がえらいことに以前、リチャードが登場する前の話ですが、実は竜騎士は滅んでいるわけではなく、フリオニールの出生と絡んでいるのではないかなんて妄想をしたことがありました。リバイアサンでリチャードと出会った段階でその妄想は止みましたが、今あえてリチャードとフリオニールの血縁説という妄想が発動しました。いや、リチャードが年齢不詳であることだし、なかなか劇的な特攻を見せてくれたものですから、ここでフリオニールが実は竜騎士の血統だった・・・っていう展開もシナリオを盛り上げるにはありかもななんて。ちょっとベタですけど。
飛竜がフリオニールたちを城の外へ連れ出すと画面が切り替わって、パラメキア城から光の帯が噴出します。

時刻は夕暮れ時そして夕暮れをバックにパラメキア城の下方からニョキニョキと背の高い建造物が生えてくるのでした。これはおそらくパンデモニウムっていう地獄関連の物件ではないでしょうか。かつて、魔物が跳梁跋扈していた時代にもパンデモニウムとかいう魔界の宮殿が地上に現れて、平和とは程遠い世界になってしまったという話がこれまでにもチョクチョク聞かれました。確か、その流れを食い止めたのが究極魔法のアルテマだったかと思います。そんなアルテマ使い(アルテミスト)のマリアですが、呪文を覚えてからというものアホの一つ覚えでアルテマを使い続けた結果、ようやくアルテマの熟練度LVがファイアのそれと並ぶようになりました。えぇ、正直使い始めはその威力の弱さに落胆するばかりでしたが、LV8にもなると・・・まぁ、究極の呪文と名乗る割にはそんな劇的な強さはないですが、そこそこ使えるようにはなってきました。

レゴっぽい建造物パンデモニウム(仮定)がすっかり生え揃い、レゴブロックで作ったような規則的なツギハギだらけの壁面をみせ、今心の底から思うのは、アルテマをリチャードに覚えさせないで本当によかったという安堵の気持ちです。リチャードの安否は不明ですが、レイラさんのようにひょっこり顔を見せる可能性もありますよ。ただ、レオンハルトを加えて初期の「名前をつけられる4人」が揃ってしまった以上、パーティー的にはリチャードの再加入は考えにくいところでしょう。問題は、とりつかれた様に「力の絶対性」にこだわるレオンハルトをどのように懐柔してパーティーに加えるかってとこですよね。すんなり仲間になるのは考えがたいので、まだ何かイベントがあるのでしょうか。それともフリーザを倒すために悟空とベジータは手を組むのでしょうか。

このブログについて

検索

About

2008年3月23日 16:43に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「レオンハルト列伝」です。

次の投稿は「翡翠の回廊」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。