« 行方しれずの財宝 | メイン | オープンセサミ! »

エクメトテロエスと唱えよ!

高校時代、科学の先生に面白い方がいらっしゃいました。重要な単語や公式は呪文のように繰り返し詠唱させて覚えさせてくれました。molは「質量/分子量」であることはおそらく死ぬまで忘れないと思います。あの先生であれば、私に「エクメトテロエス」を覚えさせることはたやすかったでしょう。「ギガジャスティス」と文字数は一緒でも、いまだに覚えられない単語、それが「エクメトテロエス」。

人任せ前回、そんな難解な呪文を「おぼえる」機能でかろうじて暗記したフリオニールたちですが、呪文の使いどころである隠し扉の場所を知っている人が誰もいないという事態に遭遇してしまいました。死んだフィン国王あたりなら死っていそうなものなんですが、何か遺書めいたものでも残してないのでしょうか。
とりあえず期待せずにゴードンに尋ねてみたら「ポールならあるいは」とたらい回しにされる始末。やはり頼りにならない男です。

アルテマって何?仕方がないからヒルダ王女に粘着質に聞き込み調査を行います。どんな些細なことでもいいから教えてもらおうと粘りますが、引き出せた情報は昔々の神話のようなお話です。はるか昔に地獄から魔物が大量に出現し・・・という子供を怖がらせるようなよくある前振りが始まりましたよ。まぁ、結末はヒーローが現れてめでたしめでたし、とっぴんぱらりのぷうって相場が決まっているのです。
しかし、この世界の外を徘徊しているモンスターは地獄から地上に出てきたのですね。確か、パラメキア皇帝が呼び寄せて操っているのだとかなんとか。パラメキア皇帝はすごい魔力の持ち主ですが、魔力を駆使すると魔物を地獄から召喚できるのですね。ドラクエではあまりなじみのない「召喚」ですが、FFではこの召喚が大事であると聞き及んでおりますよ。FFが3DCGを駆使するようになると、この召喚という仕組みが画面効果を見せ付けるのに効果的だったようで、一匹なにかを召喚するのに数分間にも及ぶムービーが生成されるなんて話も昔聞きました。ちなみに自分はキングダムハーツでディズニーキャラクターみたさに召喚は体験済みです。スティッチとかチキンリトルとかチョコチョコとソラの周りを動き回ってかわいいのですが、正直イマイチその効果を把握できていませんでした。やっぱりドラゴラムで自ら姿を変えるという流儀の方が自分にはしっくりきます。
今後とも召喚についてはいろいろ考えることになるのでしょう。ところでドラクエ8で笛を吹いてスカウトしたモンスターチームを呼ぶのは召喚なんでしょうか?

ものすごい呪文らしい話を戻しましょう。はるか昔に地上に魔物があふれた際にそれを一掃した魔法があるという伝説が残っているのだそうです。その呪文こそ「エクメトテロエス」・・・ではなく「アルテマ」なんだそうです。ドラクエの「アルテマソード」も相当強かったですが、さすがに地上の魔物は一掃できませんでした。一体どんだけすごいんだ、アルテマって。そりゃ、威力がものすごいあまり封印したっていうのも頷けます。そんな大魔法が本で覚えられるっていう事実もまたすごいもんです。ミンウさんがミシディアの塔にそんな本をとりにいっていますが、どうも帰りが遅いのでフリオニールは迎えに行かなくてはならないのでした。(忘れてた)

ふと思ったのですが、ミンウさんは既にアルテマの本を手に入れているのではないでしょうか。まぁ、考えてみてください。アルテマの本を読んで禁呪「アルテマ」を唱えられるようになったとしたら、人は何かしらの欲が出てきたりしないでしょうか。パラメキア皇帝の魔力をものともせず、地上の魔物を一掃できるようなものすごい呪文ですからね。裏を返せば「全人類が人質」みたいなかなりギリギリな状況が発生します。「ミンウさんラスボス説」・・・ここで新たにものすごい可能性が出てきました。かつて瀕死の状態でミンウさんに拾ってもらったときに、何か運命的なものをフリオニールに感じると言ったのは、彼自身でした。よもや、ラスボスとして倒される運命だったとはミンウさんも考えてはいなかったでしょう。
・・・まぁ、それはないな。これまで築いてきた「フィンVSパラメキア」の戦争の構図が台無しですもの。多分、ミンウさんは間違ってアルテマの本にコーヒーでもこぼしてしまって、帰るに帰れない状況なんじゃないかと思います。「ヤベッ、シミになっちゃったよー」とかいってるんです。

ゴードンに懐柔されているとにかく、ヒルダ王女やゴードンからは何も聞き出せないようですので、ゴードンの助言に従ってポールさんにアドバイスしてもらうことにしました。途中、城の下り階段脇の兵士が気になる一言を伝えてきたので、ここにメモしておきます。

兵士:ゴードン王子がお待ちかねです。

ちょっと待て、反乱軍解散後の今となっては、玉座の間でお待ちかねなのはゴードン王子ではなく、城主たるヒルダ王女だろうが。この兵士、あぁ、なんということでしょう。ゴードンのフィンのっとり計画は着々と進んでいるじゃありませんか。この城に我が物顔で居座っているゴードンは、この国の兵士を好き勝手使っているようです。そりゃ、反乱軍では指揮官に任命されてはいましたが、フィンが奪還された今となっては、カシュオーンの王子に過ぎません。ゴードンがとるべき道は、大人しくフィンに忠誠を誓ってその軍門に下るか、魔物が徘徊するカシュオーン城を奪還すべく再度武装蜂起するかのどちらかでしょう。いつまでもヒルダ王女と対等でいられると思うなよ。カシュオーンあってのお前だろうが。パラメキアという共通の敵がいることだし、手は貸してやるから自分の城を取り戻してスコット兄さんの無念を濯ごうとなぜしないのだっ!
そういう腑抜けなところが嫌いなんですよ、こいつ。あわよくばヒルダ王女を娶ってフィンの国王の座にでもつこうって腹がみえみえです。実質破綻したカシュオーンという国家を再興するでもなく、目先の安全なポジションを保持するので精一杯なんです。ちびまる子ちゃんでいうところの藤木のような卑怯さです。

この世で一番美しいのはだあれ?ゴードンへの不信感が日を追うごとに強まっていくフリオニールです。それはさておき、ポールさんのところに行く前に一応城の中を全て見てまわってみました。ひょっとしたら、自分で隠し扉を見つけることができるのかもしれないですし。で、たどり着いたのが鏡の間でした。なんか、でっかい鏡が部屋の中央に鎮座しているという奇妙な部屋がフィンの城にはあるのですが、鏡ってちょっと怪しいですよね。異世界への扉って感じしませんか。そうかここであの呪文を唱えるんですね。「テクマクマヤコン、テクマクマヤコン、今より素敵になぁれぇー♪」
残念ながらエクメトテロエスの使いどころではありませんでした。がっかりしつつも自分の前髪をしっかり直し、フリオニールはフィンの城下町へと向かいます。

シャンドラの灯を灯せ!城下町では、やはり城の奪還を終えた直後で住民のテンションが盛り上がっております。多分、不思議なタンバリン叩きまくりです。「のばらの紋章」が再びこの土地に掲げられた奇跡。いいですね、帰属する集団のシンボルマークを掲げるのってやっぱり憧れます。桃太郎電鉄で都市を丸ごと買い上げたときの喜びを思えば、フィンの住民達のスーパーハイテンションにも納得です。逆にパラメキアの侵攻で帰る場所を失ったときは、キングボンビーに都市の買占めが崩されたときのような気分なんでしょう。あのとき、特急カードさえ持っていれば・・・なんて思っても手遅れです。

白い仮面はそそらないさて、城下町の家屋にポールさんの住まいを発見しました。天才泥棒のクセに隠れ家的なアジトには住まず、一般人と同じような居を構えているというのは庶民派義賊ゆえなんでしょうかね。かくかくしかじかとフィンの秘宝・白い仮面についての敬意を説明すると泥棒根性に火をつけてしまったらしく、そんなお宝があるなら自分で取りにいくから情報はやれないなといわれました。そりゃそうでしょう。泥棒にとって建築物への侵入ルートに関する情報は死活をわけるものですし、その情報自体が財産みたいなところです。それを気安く聞き出そうという安易な発想(ゴードン提案)が受け入れられるわけありません。パラメキア闘技場の地下牢から脱出させてもらって、貸し借りなしの関係ですから無理をきいてもらえる筋合いもありません。
しかし、その白い仮面についての情報を提供してあげると、獲物への興味がそがれたのかペロッと隠し扉の場所を教えてくれました。まぁ、単に白いだけの仮面ですからね。天才泥棒のターゲットとしては少々格が下がります。せめてもうちょっとましな宝飾品をフィンの先祖は蓄えておくべきでした。王家の隠した宝が白い仮面・・・お祭りの屋台で売っていたキティちゃんのお面と同価値です。(200~300ギル程度)

バーはもぬけの殻のまま大広間の右上の隅に隠し扉があるそうなので、とりあえず一安心です。せっかく城下町にきたので一息つこうと、町のはずれにあるバーのことを思い出して入ってみました。
そういえば、反乱軍での最初のミッションはこのバーへの潜入でした。ここの店主がパラメキア侵攻の際に逃げ遅れて、キャプテンたち相手に商売を続ける破目になったのでしたっけ。しかし、中はもぬけの殻。あの店主、あのとき店から逃げ出したまま戻っていないようです。彼はスコットを匿うという功績を残した反面、最終的に瀕死のスコットと自分の店を捨てて逃げ出した男でもあります。評価していいのか悪いのか絶妙な男の店にとりあえずたたずんでみました。あれからフリオニールもいろいろあったなぁ。
一応、スコットさんが匿われていた秘密の部屋も覗いてみましたが、そこもあのときのままでした。彼の遺体はどうなったんでしょう。フリオニールの思い出となって消えたのです。ヒルダ王女を思って倒れていったあの姿・・・ゴードンには過ぎた兄です、まったく。

このブログについて

検索

About

2008年2月 2日 11:41に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「行方しれずの財宝」です。

次の投稿は「オープンセサミ!」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。