« ある王様の死 | メイン | 正体はお見通し »

あたいあたい詐欺

あけましておめでとうございます。結局、FF2のクリアは2008年に持ち越されてしまうという情けない事態になってしまいました。が、まぁ、いいじゃないですか、ドラクエ9だって間に合わなかったことだし。全ての締め切りは「ドラクエ派だから」の一言で破ってもいいのです。・・・よくないですね、だめですね、すいません。ドラクエをはじめ、よく発売日が延期されるときに「よりよい作品にするために」とか「クオリティアップのために」とか、そんな言葉が言い訳がましく使われますが、実際問題どこらへんがどのように改善されているのか説明されたのを聞いたことがありません。
「ぶっちゃけスケジュールの見通しが甘かったんでしょ」といつも内心思ってますが、自分も人のことは言えないので、口をつぐんでおきましょう。何を作るにもおおまかに出来上がってくると90%できた気分になるんですよね。でも、細かい設定とかディテールへのこだわりとか、瑣末な部分が実は一番時間がかかるんですよね。納期までの時間の90%を使ってほぼ出来上がってきたな、なんてうかれていると、最後の仕上げには実はもう90%分の時間が必要だったりして。

クリエーター「すいません、やっぱ間に合いません。」
プロジェクトマネージャー「えっ、昨日まで余裕で笑ってたじゃん。」
クリエーター「やっぱり、よりよいものをユーザーに提供するには、もう少し時間が・・・。」

ユーザーのためなら仕方がないですよね。

さて、前回、フィン王国の王様が天に召されて、父親の死を受けて王女までもが部屋にこもってしまうというお家の一大事が発生しました。パラメキアの戦力を着実に奪ってきてはいるものの、こちらはこちらで屋台骨から揺らぎ始めているという事態です。結局、戦争なんてお互いに傷つけあうだけで何も生み出したりはしないんだねと、平和主義者っぽくきれいごとで濁しておきたいところですが、フリオニールはあまりにも当事者すぎるので、国境を越えるスナフキンにはなれません。とにかく、パラメキアは悪いやつで、フィンは犠牲者。この図式を頭に刻み込んで反乱軍を引っ張っていかねばならないのです。

お前がしきるのか・・・さて、そんな反乱軍を新たに指揮することになったのが、あのへたれ王族・ゴードンなわけですが、王様亡き後の凍りついた現場をちゃっかり仕切りだしました。よもやお前に仕切られる日が来るとは夢にも思いませんでしたが、フリオニールと行動を共にしたことが、彼の中でよい変革を生んだのかもしれません。残念なことに平民出身のフリオニールよりも、カシュオーン王家の血をひくこの男の言葉の方が、うまく王制が機能しているフィンでは民衆受けがいいのです。目指すはゴードン傀儡政権です。影でゴードンを操ることができれば、フリオニールの権力も光源氏の君ばりにかがやかしくおんなりけむ。
反乱軍のことはとりあえずゴードンに預けるとして、パラメキアとのガチンコ勝負においてこちらの優位性を築いておかねばなりません。それが王様の遺言にあった「アルテマの本」と「ディストの竜騎士」にあるようなのです。前者はミンウさんの担当だし、さっぱりわからないのでフリオニールの手に余ります。であれば、持たざる者・フリオニールとしては足で武功を稼ぎましょう。さっそくディストに行くための情報収集に入ります。

じいさん、博学だなとりあえず、アルテアでも比較的、学のありそうなツンデレじいさんの元に赴きます。じいさんなら年の功で何か知っているかもしてないという期待に見事に応えてくれましたよ。ディストはヨーゼフの散った雪原の東にある島国だそうです。パルムから船が出てればいけるとかなんとか・・・パルムって大戦艦の絨毯爆撃によってほぼ壊滅状態ですが、果たして港としての機能は生きているのでしょうか?一応ポフトまでの定期船は出ていたと思いますが、ディスト行きの船なんてあったかな?シドの飛空艇もこの間乗ったときには行き先の選択肢に「ディスト」はなかったかも。

皇帝がおそれる力いきなり先行きが不安になりましたが、今度はゴードンにお知恵を拝借しましょう・・・って、何だお前、いつの間にか王座に座ってるよ。いや、そりゃ指揮官として実質トップだけど、ちょっと前までアルテアの反乱軍基地の外でブルブルふるえてた臆病者からのギャップがすごすぎます。気持ち態度もでかくなっているような・・・人間、力を得ると何かを失うという典型例が今目の前にあるような気がします。このゲームにおいてそんなに調子こいてると死亡フラグが立つような気がするので、もう少し自重して欲しいものです。ゴードンにはヒルダとくっついてカシュオーンとフィンをまとめあげてもらい、その背後でフリオニールが絶対権力を手に入れるというシナリオが数分前にできたばかりなのですから。
で、ゴードンからは竜騎士飛竜の情報も聞きだせました。どうも竜騎士ってのがとんでもない戦力らしく、パラメキアの皇帝ですらその力を恐れていたのだとか。で、皇帝はあんまり危惧してしまったものだから、プチッと竜騎士を根絶やしにしたんだってさ。おいおい、竜騎士弱いな。せめて「パラメキア軍と現在もなお均衡状態を保っている」ぐらいの戦力を期待していたのに。竜騎士・・・英訳するとドラゴンナイト。私が中学生の頃に「LOGIN」というコンピューター関連雑誌を読んでいたのですが、人気のエロゲーランキングみたいなコーナーでよく一位に上がっていた記憶がありますよ、「ドラゴンナイト」というゲームが。プレイしたことはないのですが、きっといろんな意味でパラメキア皇帝に恐れられていたのでしょう。
それにしても竜騎士がいないディストにフリオニールは何をしにいけばいいのでしょう。竜騎士はいないけど、竜戦士ならいるからクラスチェンジすればOKとかそんな保険があるのかも。竜戦士といえばこち亀の敏腕編集員・竜千士 氷が思い出されますが、話が脱線するのでやめときましょう。こち亀はジャンプっ子として第一話から読み通していますので、一度脱線すると戻ってこれなくなりそうですからね。スヌーピーのように作者の秋本先生が亡くなるまで続くんでしょうね、こち亀。
FF1ではみんなしゃべれたがなで、竜騎士の特技に「飛竜と会話」というものがあるのだそうです。FF1のときは普通に竜の姿をしたキャラクターと会話できたと思うんですけどね。バハムートとかいう竜の王様も結構気さくにおしゃべりできたし。どうもFF2の竜は方言がきつくて、会話を持つのが大変そうです。ひょっとしたら「ル・・パ・・ガミ・・ド・・」なんて感じでルパンの再放送を要求してくるかもしれないので、ロゼッタストーンと言語学者・ウネを探すイベントも想定しておきましょう。

俺たちラッキーボーイズさて、ディストの場所もわかったし、ここまでの話をまとめると、どうもディストには竜騎士ではなくて、飛竜を探しにいくのだろうということもわかりました。それでは一応パルムにディスト行きの船を捜しにいくとしましょう。すると案の定、パルムの船はポフト行きの定期船のみで、町の船乗りに話しかけても「ディストとか無理だから」と出航を拒否されました。そりゃそうです、タクシーじゃないんだから。ちょっとそこまで、なんてお出かけ気分で出発できるほど船旅は甘くないのです。船乗りにだってメリットを見出してあげないと乗せていってはくれないでしょう。どこかに大金持ちが未開の国と貿易でもしたがっていないかなと、パトロンを探しに戦争の傷跡の癒えないパルムを歩きまわっていると、女船乗りが「あんたたちラッキーだよ。」と声をかけてきました。

疑心暗鬼を生ず船乗りのお姉さんがいう話には、丁度ディストに向かうから乗っけていってあげるとの申し出でした。超ラッキー!ディストだってパラメキアに滅ぼされ済みですから、行ったところで帰りの積荷はせいぜい飛竜の死体からとれる角とかそんなものでしょう。でも、奇特なことにそんなディストに連れてってくれるんだそうです。ひょっとしたら、フリオニールの知らない何か金のにおいがディストには眠っているのかもしれません。ここはもうちょっとこのお姉さんからディストのことを聞き込んでみたいところです。すると、マリアがこのお姉さんの胡散臭さを感じとって怪訝な顔をしています。こんなタイミングよくディストに船が出るとは、あまりにもできすぎているんじゃないかと考えているようです。あぁ、そこはこのフリオニール様の天運によるところが大きいのだと、フリオニール的にはあまり気にならないのですが、確かにこの女船乗りは怪しいです。「あんたたちラッキーだよ。」って、よく電話勧誘や怪しげな新興宗教の訪問のときに聞く台詞ではないですか。ターゲットを煽って煽って煽りまくって、気が緩んだところを突くという詐欺の手口の典型例じゃないですか。意外なことにそんなところに注意深いマリアにびっくり。天然系少女かと思っていてもそこはやはり女子。損得にはしっかりしているのです。

あたい族だがしかし、あえてだまされてみる、というのが男の度量の広さです。マリアをなだめつつ船乗り姐さんの誘いに乗ります。姐さんの名前は「レイラ」。一人称が「あたい」ですからスケバンの系譜の人です。いまだかつて、自分を「あたい」と呼ぶ人はスケバンの刑事の人しかみたことがありません。女剣劇の浅香光代も「あたしゃねー」なんて感じでしたもの。とにかく堅気の人間ではないことはよくわかりましたが、船乗り自体がそもそも当時はごろつきが多かったそうなので、詐欺師であるかどうかは確定できません。移民の町に「船乗り」「荒くれ」「踊り子」「バニー」「囚人」をとりそろえるとグランドスラムになってくれ、大規模なカジノができるので、レイラさんには最悪DS版のドラクエ4にすれ違い移民してもらうことになりそうです。

このブログについて

検索

About

2008年1月 1日 21:48に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ある王様の死」です。

次の投稿は「正体はお見通し」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。