« 新メンバー追加 | メイン | 航路をゆく »

ミンウさんの性別すらわからない

さて、現在の状況をまとめてみましょう。まず、ヒルダ王女に側近の白魔道士ミンウをつけてもらったフリオニール一向にくだされた新たな勅命は「サラマンドのヨーゼフからミスリルを受け取ること」です。何も持たざる若者だったフリオニールですが、ヒルダ王女から密命がくだされるまで出世したのです。これもひとえにカシュオーン王子・スコット様のおかげです。スコットから受け取った「リング」をみつめるヒルダ王女は、いつもと違う雰囲気をかもし出していましたからね。(想像)多分、「俺が倒れたときにこのリングを託したやつの後見を頼む」なんて約束が恋する二人の間で取り交わされていたに違いありませんよ。本来なら弟のゴードンに渡されるところであっただろうに・・・へっぴり腰のゴードンはまだヒルダ王女に反乱軍への参加の申し入れもできてないみたいです。そんなチキン野郎(臆病者)を尻目にフリオニールはどんどん出世の道を突き進むのでした。おそらくFF2のメインテーマは「自惚れフリオニール出世街道驀進伝説」だと思われます。

で、次の指令について検討してみると、キーワードは「ミスリル」のようです。ミスリルといえばFF1でも出てきたなかなかよさげな金属のことです。正直FF1のときは期待はずれも甚だしかったミスリル装備ではありますが、FF2では国家を揺るがす優れた物質なんだそうです。だってあの黒騎士は全身ミスリル装備なんですもの。衝撃の事実ですよね。黒騎士といえばゲームのオープニングで主人公4人組を完膚なきまでに叩きのめした騎馬兵のやつらですよ。非武装町民時代のフリオニールがミスリル様に勝てるわけありませんがな。そんな力の差が国家レベルでも開いてしまって、ミスリルのないフィン王国はパラメキアに防戦一方とのこと。逆にいうとミスリルさえあればフィン王国復権の芽も出るということです。

ところで「天は赤い河のほとり」という漫画をご存知でしょうか。篠原千絵先生の少女漫画なんですが、あらすじは現代の女の子がタイムスリップして古代オリエントの国ヒッタイトにいってしまうというものでして、古代文明の社会描写がなかなか興味深いのです。で、この漫画の中でヒッタイトが「鉄の製法」を手に入れるというシーンがあり、これがその後のヒッタイトの繁栄に欠かせない存在となるんですね。そして少女漫画らしく主人公を奪い合う二人の軍人の力の差となっても現れるのです。一方は鉄剣、一方は混ざり物の銅剣ですよ。剣での勝負は明白なのです。

これを我が身に置き換えますと、「ミスリルを制するものは世界を制する」ということになるのです。欲しいものを手に入れたきゃ、ミスリル装備は必定なのです。フィン王国の覇権を広げ、国内での地位を高める。フリオニールのそんな野望にもミスリルは必携のアイテムとなるでしょう。

ステータスじゃあ、ミスリルの重要性をかみ締めたところで出発となります。サラマンドに行くには途中船に乗らなくてはいけないらしく、港町パルムを経由していくことになります。しかし、そんなパルムにいくには途中の湖を「カヌー」で横断しなくてはなりません。しかし、心配は無用です。新メンバーのミンウ先生がマイカヌーを持っていらっしゃるそうですので、そちらをお借りできるそうです。さすがミンウ先生。フリオニールの命の恩人でもありますから、敬称は外せません。

カヌーを漕ぎますFF1のときも思いましたが、カヌーは持ち運べるアイテムなので、船のように外洋に出るたびに停泊位置に戻る必要がないのがいいですね。ドラクエ4で砂漠を渡るのに馬車が必須でしたが、例えるならあんな感じのアイテムですかね。しかし、カヌーの動力は人力ですので、長く乗っていると体力の低下が懸念されます。あとパーティーの意気が合わないと前後のパドルがぶつかったりして、うまく前に漕ぎ進めなかったりして。えぇ、東京ディズニーランドのビーバーブラザーズカヌー探検でもよくみられる光景です。
それにしても、フィンに忍び込むときにカヌーがあればもっと楽だったのにな・・・。わざわざ湖を迂回した労力が惜しいです。

ミンウさんの白魔法さて、新メンバー・ミンウさんのことももう少しよく知りたいと思っています。彼(彼女?)がどういう経緯でヒルダ王女の側近的なポジションをせしめたのか、出世街道の先輩でもありますので、徐々にこの人の秘密のベールを剥いでいきたいと思います。慎重な発言態度から信頼がよせられそうであることは感じられますが、あまり多くを語らないので、いくらか不審ではあります。何か壮絶な過去の一つや二つは隠し持っていそうです。なにが怖いってパラメキア側のスパイだったらどうしようって話ですよ。ヒルダ王女の作戦が敵に筒抜けになってしまいます。それどころかヒルダ王女の命も危ないところです。ミンウの素性が知れるまでは、命の恩人といえども油断せずにいこうと思います。
で、この人白魔法で魔法欄が16個全部埋まってるんですよね。ステータスも最初からかなり高いし。一時的な仲間なんでしょうけど、このままずっとフリオニールの趨勢を見守っていて欲しい人材ですよ。なんつーか、ケアルとかすると4桁回復しますからね。フリオニール10人分ぐらい余裕で回復できる実力者です。
でも、16の魔法のうち効果を把握できているのがあまりない自分・・・。不甲斐ないです。面白いことにミンウさんも魔法を使うと経験値が上がっていくんですよね。この人を育てて何かいいことがあるのだろうか・・・。

パルムから船が出てますミンウさんのおかげでパーティーは何の苦労もなくパルムの港町に到着しました。話の通り港には帆船が待機しているようです。でも、もちろんまだ乗れません。グレムリンを4体ぐらい倒せばおじいちゃんに船を貸してもらえる仕組みかもしれませんので、一同町の中に入ります。

一人8ギルになりますって、金とるんかいっ!!

このブログについて

検索

About

2007年7月 7日 18:17に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「新メンバー追加」です。

次の投稿は「航路をゆく」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。