« 何かすごい結末の予感 | メイン | カオス神殿 - Rewind - »

思い起こせばいろんな人がいた

4つのクリスタルに輝きを取り戻し、ある意味世界に平和を取り戻しきってしまったナイト・エフエフですが、物語にはまだ続きがある様子です。やるべきことがまだいくつかあるので、それを済ませてみましょう。そうすることできっと最終目標が見えてくるはずなのですから。願わくばコーネリアの国は、セーラ姫と結婚して籍を入れることで、平和的に手に入れたいところです。最後の敵がコーネリアの王様ではないことを心から祈ってます。

職人スミスにアダマンタイトを渡すまず、最初に浮遊城で見つけたアダマンタイトをドワーフの集落まで運びます。あのアダマンタイトの塊を間違って足の指の上にでも落とそうものなら、目じりに涙が溜まるほど痛いでしょうから、力のありそうなナイト・エフエフと忍者・ロマサガと二人で慎重に運んでもらいましょう。アダマンタイトを鍛冶職人のドワーフ・スミスに渡すと、ヤツはみるみるうちに血相を変えてました。どれだけアダマンタイトの夢を見続けたことでしょう。ドワーフの寿命は長いらしいですが、おじいさんの風貌をしたスミスが、まだ髭も生えていない幼い頃、おそらく水のカオス・クラーケンがオンラクの辺りで暴れだす頃(200年前)、スミスはお父さんから岩のベッドの上に寝かしつけられながら、アダマンタイトという伝説の鉱石の話を聞かされていたのです。そんな御伽草子の中の鉱物への憧憬は、彼を鍛冶屋というジョブに導いたのです。名工と呼ばれるまでに腕を鍛え上げたスミスの中で、自分はアダマンタイトを扱うに足るかどうか、という問題は常に意識されていたことでしょう。彼の腕は周囲の鍛冶屋との市場競争で磨かれたものではないところがポイントです。コストを意識しない彼の仕事は、造剣というともすると芸術とも結びつく産業と絶妙にマッチしたのです。(自分内設定)
そんな彼の元についにそのアダマンタイトが訪れたのです。彼自身もよもやアダマンタイトが実在するとは思っていなかったでしょう。ルフェイン人の文明が400年前にティアマットに踏み潰されて以来、アダマンタイトは伝説の存在になっていたのですから。それを浮遊城から奪還してきたナイト・エフエフを見つめる彼の視線がとても熱いです。

エクスカリバー!まぁ、スミスのことはどうでもいいから、さっさと仕事をしてもらいましょう。所詮、こっちはお客です。制作サイドの事情なぞ、一切どうでもいいのです。名工・スミスはおもむろに鎚を振りかざし、あっという間に「エクスカリバー」という剣を作り上げてくれました。信じられないスピードは、ウネのときにも体験済みなのでいまさら、「はやっ!」とツッコミを入れるのは控えておきましょう。
エクスカリバーといえば、私の中ではカプリコーンのシュラですよ。山羊座の黄金聖闘士(ゴールドセイント)の人の必殺技です。紫龍の盾だって真っ二つです。でも、結局聖衣(クロス)を脱いだ紫龍に真剣白刃取りで止められてしまうというものすごい結末でした。西洋医学が変な東洋の漢方薬に負けるような戦いでした。元ネタはアーサー王か何かの話ですよね。

このアダマンタイトからエクスカリバー生成という工程は、DQでいうオリハルコンと王者の剣の関係に似ていると思いますが、よくよく考えると「王者の剣」はすなわち、アーサー王の剣のことですから、「エクスカリバー」と同義なんですよね。違うかな。まぁ、勇者ロトと同じ装備ということなら、安心して最後のボスとの戦いにも挑めますよってことで。かかってこい、ゾーマ

ルカーンはあいかわらず続きましては、4つのクリスタル全てに輝きを取り戻した暁にはまたおいでませ、と言っていたルカーンたち12人の賢者に会いに、クレセントレイクへと赴きました。この間会った時にルカーンおじいちゃんに痴呆の兆しが見えていたので、ちょっぴり心配でしたが、案の定、おじいちゃんはナイト・エフエフらにあらためて自己紹介を始めました。「我が名はルカーン・・・」知ってるってのっ!
「輪廻」がどうのこうのわけがわからないことをいい始めたので、ルカーンおじいちゃんのことは忘れて、他の人の話を聞いてみましょう。なんか死の間際に出家して仏教にでもはしったのでしょうか。輪廻転生とか言っとけば、何度も自己紹介を繰り返す自分が許されると思って・・・はっ、まさか「再生」と「再生」をかけているとか。

しかし、残りの11人の話を聞くと、今までのカオス騒動をひっくり返すようなどんでん返しがあることが判明しました。ルカーンおじいちゃんの輪廻云々もあながち的を外してはいなかった模様。腐っても鯛。やるときはやる男、ルカーン。ただ言い回しがクドクドしてわかりづらいので、校長先生あたりが適職だと思います。
なんでも、風のカオス・ティアマット降誕の400年前、それよりも以前にこの一連の災いは鼓動を始めていたらしいのです。2000年前というこれまた壮大に歴史を振り返らなければいけない模様。こちらの世界で2000年前というと西暦が始まりたてって感じですよね。日本でいえば弥生時代ぐらいですよ。倭の奴国に後漢の光武帝から金印が送られた頃よりさらにちょっと前です。そんな頭髪の結い方がちょっと独特な時代から、カオスの悪さの兆しが見えていたってのは、一体どういうことなんでしょう。さらに他の賢者の話を伺うと、そんな2000年前の凶兆が始まったのは実は数日前だというじゃないですか。何を言っているんだ、このじいさん達は。しかし、賢者の言うことですからまじめに聞いておきましょう。例え前職が遊び人だとしても、ダーマで転職すれば立派な賢者なのですから。どうやら誰かが数日前に2000年前に時間移動を果たして、それがきっかけでカオスの悪事が始まったとかなんとか。そして、この2000年の時の流れが輪廻となって、繰り返し繰り返し循環しているのだそうです。この憎しみの輪廻を断ち切るべく、ナイト・エフエフらは「カオス神殿」に向かえと言われました。そこに行けば災いの元凶を打ち破れるのだそうです。

しばし、呆然。

ちょっと時間をください。

このブログについて

検索

About

2007年3月 2日 11:41に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「何かすごい結末の予感」です。

次の投稿は「カオス神殿 - Rewind -」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。