« 思い起こせばいろんな人がいた | メイン | 2000年前のカオス神殿 »

カオス神殿 - Rewind -

ナイト・エフエフたち四人は数日前に何をしていたであろうか。ちなみに私は数日前には大口の案件が取れるかどうかの瀬戸際で、資料の作成に忙殺されてました。このFF1の世界において、どのような時間の経過の仕方がなされているのか、FF初心者の自分にはまだ感覚的に掴みきれていませんが、クレセントレイクの賢者たちの話ぶりでは、数日前にこの世界の誰かが、2000年前に時間移動を果たし、今のカオスに苦しめられていた世界を現出したのだそうです。考えようによっては、4体のカオスを倒した時点で、現代は平和を取り戻しています。ですから、そのまま幸せな生活を継続してもナイト・エフエフたちを責める人はいないでしょう。むしろ、コーネリアのセーラ姫はナイト・エフエフにいち早く凱旋させて、一緒に王宮で落ち着いた暮らしを取り戻したいことでしょう。

しかし、賢者の話によると「憎しみの輪廻」ともいうべき2000年の時間の悪循環を断ち切れるのもまた、ナイト・エフエフたちのみだそうです。

それは何故か?

クリスタルに選ばれた者だから。

何でクリスタルに選ばれたのか?

ひょっとしたら、ナイト・エフエフたちがクリスタルを持っていたことには、ちゃんとした理由があるのかもしれません。DQ1の勇者はロトの末裔という理由でラダトームの王様に召還されましたが、FF1の4人組は理由もなくいきなりコーネリアの城にいました。この4人の素性こそがFF1最大の謎であったような気もします。私は当初、クリスタルを守る一族みたいな特殊な部族が存在して、その中の若者のうち特に優れた4人がクリスタルに選ばれてコーネリアの王様に召されたぐらいに思っていました。しかし、どうもそうじゃないみたいです。

クレセントレイクの賢者の一人が、「そなたたちは記憶を失っているようじゃが・・・この地に迷い込む以前は正しい時の流れに生きていたのじゃ。」なんて話をしてくれたのを思い出しました。4人の素性が知れなかったのは、記憶が失われているからだそうです。その失われた記憶の中に何か隠されていそうです。

数日前に2000年前に飛んだ者がいる。そいつのこともひょっとしたら失われる以前のナイト・エフエフの記憶の中にはあったのかもしれません。実は光の戦士4人組とすっごい親しい友達で、本来は5人組をきどっていたとか。でもなぜか離反された的な。5人組といえば、ルフェイン人の町で「4体のカオスを操るものがいる・・・5人の戦士が探索に出たがコウモリの姿に変えられた・・・」なんて話を既に聞いていました。その頃は打倒ティアマットに燃えていたので、すっかり忘れてしまっていましたが、5匹のコウモリにまだ一匹にも会えていません。下手すれば、ナイト・エフエフら4人がその戦士でした、なんて話にもなりかねません。コウモリじゃなくて光の戦士にジョブチェンジしてしまってますが。えぇ、じゃあ、ナイト・エフエフも元々はルパガミド、ルパガミド言ってたってことでしょうか?ルフェイン語も記憶と一緒に忘れていたということになりそうですが、逆にコーネリア人と会話できていたのが矛盾してしまいます。そもそも、5人組がカオスを操る者の存在に気付いて探索に出たのはいつだよって気もします。今後のコウモリ事情にも一応気をつけておいた方がいいでしょう。自分がルフェイン人でないと信じて。

意味深にセーラ姫に会いになんだか、シナリオも最後の方に差し迫ってきているようです。ちょっと感極まってセーラ姫に会いにコーネリアに来てしまいました。別に今生の別れをいいにきたわけではありません。最後の敵を倒したら、またここに帰ってくるつもりであります。そして、王様の許可がおりれば、このセーラ姫と一生添い遂げるつもりであります。さんざん、腹黒、腹黒と疑われていた王様ですが、ラスボス疑惑からはどうやら外れそうです。どうもセーラ姫がナイト・エフエフにご執心であることをひどく気にしている様子。腹は黒くても単なる親バカでしたね。
セーラ姫はいつものように旅立つナイト・エフエフの後ろ髪をひくようなものいいで、城にとどまって欲しいという気持ちをついつい口に出してしまいます。可愛いらしいじゃないですか。でも、ナイト・エフエフは憎しみの連鎖とかいうものを解き放たねばなりません。ひいては自分の出生の秘密的なものも知るためです。失われた記憶の中で、自分がどのような生き方をしていたのか謎ですが、どんな過去が判明しようとも一応、コーネリアには帰ってくるつもりですので、よかったらその時にでも両腕で抱きしめていただければと思います。

カオス神殿は最初の目的地でもありました気分もすっきりしたので、いざ戦場へと向かいましょう。カオス神殿は最初にして最後の目的地となってしまいました。セーラ姫をさらったガーランドをおいかけてきた場所ですね。ガーランドが何をしたかったのか、いまだによくわかりませんが、「カオス神殿」という4体のカオスの居場所の丁度中心にあたる、意味深な名称の場所に一番最初に導かれたことに何だか運命的なものを感じます。シナリオライターの方も運命的なものを感じさせられて、さぞ満足なことでしょう。確か、カオス神殿の中はひどく荒れ果てていましたっけ。そもそもこの神殿が何のために建造されたのか不明です。どうもこの荒れっぷりから考えると、コーネリアの城の管轄からは外れているようです。そりゃそうですよね。世界に災厄を振りまいてたカオスを神と崇めるような施設を誰が作るかって話ですよ。ただ、クリスタルへの信仰はこの世界では根深いようですし、クリスタルと対になって存在するカオスのことを神聖視する者がいたとしてもおかしくないような気もします。ハーゴンみたいなやつが建てた建物なんでしょうね、きっと。ただ、やはりそんな邪教チックなものは流行らずに廃れてしまっているようです。何でガーランドはこんな施設に篭城してたんでしょうね。コーネリアから近かったという理由なんでしょうか。

こうもりに姿を変えられた戦士たち中に入ると、ガーランドを倒した当時のままで何も変わった点はなさそうです。ただ、コウモリが飛んでいるだけでガーランドの遺体が転がっているわけでもなさそうです。このコウモリ、そういえばガーランドさんがいたときからこのコウモリ飛んでましたね。コウモリって吸血動物なイメージが強いですが、虫とかフルーツとか食べて生きているんでしたっけ。夜な夜なカオス神殿を抜け出して食料調達してたりするんでしょうかね。ガーランドがいた頃には、彼から餌付けられてたりしてね。ごめんね、ガーランド、倒しちゃって。
一応、コウモリが出たら話しかけるというプレイスタイルで通してきましたので、「キィキィ」を聞くために全部で5匹のコウモリにも話かけてみたいと思います。ん、5匹?

このコウモリなんとルフェイン人でした。自分らは天空人であると名乗りでてきましたもの。ルフェイン人の町で聞いていた話とも符合します。なんでも400年前にカオスを操るものを探りにきたものの、カオスの力でコウモリの姿に・・・400年もこんな姿で虫やフルーツを食べ続けてきたかと思うとかわいそうでありますが、それならそうとガーランドを倒しにきたときにおっしゃってくれればいいじゃないですか!?そしたら、「いや、クリスタルの輝きが戻んなきゃしゃべれなかったわけ、わかる!?」と逆ギレされました。ガーランド討伐に来た頃の私は、自分の持ってるクリスタルが輝いていないことすらもあんまりよくわかってなかったからなぁ。最初に話しかけたときの「キィキィ」にはいろいろと伝えたいことがあったのでしょうね。これからもコウモリに話しかけるときは、真意を汲み取るべく、慎重でありたいと思います。これでとりあえず、ナイト・エフエフのルパガミド人疑惑は晴れましたね。

それで、この後に控える闇のクリスタルに4人の持つクリスタルを掲げると、時の扉が発生して2000年前にタイムワープできるんだそうです。えっ、俺らも時間移動するの。確かに元凶を断つには2000年前まで追いかけなきゃいけないんでしょうが、その場合、現世には戻ってこれる感じなんでしょうか。あと、2000年前に戻って元凶を断ったとして、タイムパトロールには捕まらないことは保障されているのでしょうか。ドラえもん的には時間移動に関する法律も意識されるところです。「時の扉」なんていうタイムマシンの存在も初耳です。それなんてWANDS?空間移動する「旅の扉」に対抗しているのかもしれません。旅の扉って私には扉というより渦巻きにしか見えないんですけどね。やっぱりどこでもドアがモチーフなんだろうか。

溯る前段階でも、まぁ、仕方ないか。いつまでもウジウジとここにいても仕方ないし。きっと何かうまいこと戻ってこれるよね。覚悟を決めて時の扉に飛び込んでみましょう。この闇のクリスタルを通って4つのクリスタルの力が2000年前の謎の人物の元に届けられていたという話ですから、そいつに今までの電力無断使用分の支払を請求してこようと思います。いざ、バックトゥーザフューチャー!(使い方、逆だ)

このブログについて

検索

About

2007年3月 3日 14:57に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「思い起こせばいろんな人がいた」です。

次の投稿は「2000年前のカオス神殿」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。