« 物知りサーダはひげおやじ | メイン | 土の杖をふりまわせ! »

番外・コーネリアの人々

セーラ姫走り書きで申し訳ないが、主要人物のイメージを画像で補ってみた。現実とは相当かけ離れているのかもしれないが、自分の中のイメージなので仕方がない。コーネリアのセーラ姫は当初「小公女セーラ」だったわけだが、ガーランド討伐後、戦士・エフエフに好意をいだくという設定が付加されたことによって、またイメージが変わったのだ。戦士の身を案じ祈りを捧げるようなけなげな女の子のイメージだ。この子にもらったリュートがいまだ使い道がわからないが、役立ててあげたいものだ。土のクリスタルの輝きが戻ったら、また会いに行こう。

コーネリアの王様コーネリアの王様は、したたかで謀略に満ちた男なのだ。そして人を見る目がある。ちょい悪な感じだが、この国の国民は安泰であろう。いろんな手を使って他国を侵略してきたに違いない。戦士・エフエフもガーランド討伐を北の橋復旧との交換条件で頼まれたが、よくよく考えると王様的には痛いところはない。北の橋もいつか直す気でいたのだろうから。まぁ、ガーランド討伐にしてもこちらにとって痛いところはなかったのでよしとしよう。ガーランドはナイトの中のナイトであり、一個兵団でかかっても敗れたというのも話半分に聞いておいた方がよかろう。なんといっても3ターンで撃破されたのだから。おそらく、戦士・エフエフの力量を見るために丁度よい相手ということだったのであろう。きっとこの国にはガーランド以上に難題が山積みのはずだ。王様の期待に応えた戦士・エフエフはどうもセーラ姫との関係も許されてしまった様子だ。後継者として、戦士から王様にジョブチェンジする日も遠くないかもしれない。

コーネリアの大臣踊り子の話しかしない大臣のイメージも描いてみた。きっと職務中も上の空で、踊り子のことばかり考えているのだろう。愛嬌でみんなから慕われているかもしれないが、あくまでもこの国を切り盛りしているのはしっかり者の王様の方だ。この踊り子好き大臣が首にならないのは、王様の幼馴染とかそういう理由なのではないだろうか。戦士・エフエフが王様として、この国に君臨した暁には、大臣職から退いてもらうことになるだろうが、踊り子のところに通えるぐらいの生活は保障してあげたい。

コーネリアには王妃やセーラ姫の妹もいるが、キャラ的には薄いので割愛である。暇なときにでも、マトーヤさんや海賊ビッケも描いてみたい。

このブログについて

検索

About

2006年12月 9日 11:15に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「物知りサーダはひげおやじ」です。

次の投稿は「土の杖をふりまわせ!」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。