« 港町プラボカのせっかちな住人 | メイン | アダマンタイトとオリハルコン »

お船に乗って

前回、町を荒らす海賊の一団を懲らしめ、町の人からひとしきり感謝されることとなった伝説の勇者ご一行ですが、これといって歓待されることもなく、「ありがとう」の一言で勇敢な行為を片付けられてしまったのでした。「見返り」という言葉が大好きな私としては、少々、腑に落ちないところではありますが、海賊のボスっぽいやつが戦士・エフエフに船を譲ってくれるというので、これでよしということにしておきましょう。そうそう思い出したのですが、この海賊のボスの名前がなんと「ビッケ」っていうんですよね。「小さなバイキング」なあの子だったとは・・・、片目に眼帯がかかっているようですが、怪我でもしたのでしょうか?やはり子供が海賊の真似事をしちゃあ危ないよってことですかな。そんな子供から船をせしめた我ら光の戦士たち。町で装備やら魔法を買い込んでいざ船旅に出発というところで、私の仕事の納期が津波のごとく押し迫っていまして、なかなかニンテンドーDS(赤)に手がつけられない状況でした。ビッケの海賊船が呼んでいるっていうのに、いやはや辛いところです。

ふしぎなメルモさて、今回はプラボカのおじいちゃんが話してくれた、遥か西方にあるという「メルモンド」という町を目指してみようかと思います。きっと図のような少女が赤いキャンディーやら青いキャンディーやら舐めたくっている愉快な町なのでしょう。でもおじいさんが言うには、モンスターに襲われて大わらわらしいです。メルモちゃん大ピンチ。キャンディーの力で成人になってダッシュで逃げてください!

ステータス 装備品


恒例のステータス画面も出しておきましょう。今回は装備品も一緒に掲載しておきます。なんだか戦士・エフエフだけ異様に装備が充実しているあたりが、性格が出てますね。命の木の実とか○○の種とか何があってもメインキャラに与える私です。気まぐれにキーファに種を使った日には、トンズラこかれて終わりですからね。(過去の教訓)白魔道士や黒魔道士が死にだしたら、また防御力のことを考えてあげましょう。ところで命中率と回避率っていうパラメータは、具体的にどこに使われている数値なんでしょうか?シーフ・ロマサガが3HITのコンボ攻撃を繰り出せるのは命中率の高さと相関関係にあると考えていいのでしょうか。その文脈でいくと回避率は相手の攻撃HIT数を下げたり、攻撃ミスを誘発するってことなんでしょうか?「キラーピアス」や「みかわしの服」の特殊効果が数値化されているということですかね。今一瞬数値化されるアリーナ姫の姿が目に浮かびましたが、放っておきましょう。

前回、意味不明なヘルプコールで私の口をあんぐりとさせたプラボカの入り口にいた第一町人が、「なんちゃらの海はモンスターが出て危険だ!」と忠告をしてくれましたが、想定の範囲内なので、気にせず船旅に出発です。確かに外マップに出ると町の横の港に船が横付けされています。港がないところには船を停められないという当然だけどなんだか不便なシステムに従って、次の港を探しましょう。・・・どっちに行けばいいのだろう?西のメルモンドに行くにしてもこのまま西にまっすぐいくとコーネリアのある大陸にぶつかります。そんなときは「トクレセン タボービ サッサカサー!」なかなか役に立つ呪文です。「セレクト+B」ではなく、「B+セレクト」なところもシビアです。呪文どおりにしないとマップが出ないのでした。

マップを見るとどうもこの海賊船で移動できる範囲は周囲を大陸で囲まれた内海の中だけのようです。さっきプラボカの第一町人が「なんちゃらの海」と言っていたのはこの内海のことなのでしょう。名前を忘れたので仮に地中海とでも呼びますが、コーネリアのある半島(?)の南を通って地中海をやはり西に進むと港があります。ここがメルモンドの港ではないかとあたりをつけて、いざ出発です。「俺たちゃ海賊、バイキング~♪」

地中海の敵は「かいぞく」だとか「シャーク」だとかそれほど強くはなさそうなので、問題なく進める様子。地図の通りU字を描いて航海を続けます。そういえば、船上で「テント」を広げて休むことなんかできるのだろうか?そもそも船に屋根がついているのだから、テントなしでも航海中に体が休まってもいいんじゃないか、なんて思います。まぁ、きっとこの地中海、モンスターがあふれているくらいですから、荒れ狂っていて、乗組員に休む間も与えないのでしょう。外マップ上は表示されていませんが、他の船舶の就航も活発なようです。だって、この海、海賊だらけなんですもん。略奪の対象も結構な数いることでしょう。我らがビッケ号も海賊船の端くれとして、「七武海」とか「四皇」とか目指したいところです。(ONE PIECEの読みすぎ)「俺たちゃ海賊、バイキング~♪」

お目当ての港に到着し、マップ上町っぽいアイコンのある場所へと大陸を南下していきますと、・・・行き止まり。なんだか「かわきの壷」とか「月のかけら」が必要そうな浅瀬に行く手をさえぎられてしまいました。メルモンドへの旅・完!
仕方なく船に戻ろうと「トクレセン タボービ サッサカサー!」とマップを確認すると、ちょっと北に洞窟っぽい表示があります。仕方ないそこに行ってみるか。きっとメルモちゃんには遭えないだろうけど。

そしたら代わりにたくさんのドワーフに会いました。ドワーフらしく洞窟住まいということですか。ここ「ドワーフの洞窟」では、懐かしい名前を耳にすることができました。「水晶の目」・・・それはマトーヤさんがお探しの例のブツではないですか?なんでも、ダークエルフのなんちゃらさんがマトーヤさんからそれを盗み出したとのこと。また「水晶の目」は目の見えない人に視覚を与える効力があるとかなんとか。それはなんとなくわかっていた情報です。だって、マトーヤさんのあの狼狽ぶりときたら、ムスカのあれでしたものね。「目が、目がぁーっ!」
また、エルフ族の王子はなんだか眠りの呪いでお休み中とかなんとか。とにかく私は「夢見るルビー」を探し出さなくてはならないようです。人間とエルフの悲恋がよもやこんなところにも!?(ドラクエ3やりたいなぁ。)

町に入ると一度に聞きなれない単語が出てくるので、ちょっとあとで情報をもう一度整理しなおす必要があります。とりあえず、この洞窟で得られた物は宝箱から「460ギル」「575ギル」です。その他、運河を作ろうとしているなんちゃらさんというドワーフと鍛冶屋のスミスさんというドワーフとも会いました。運河を作っている方はきっと地中海から外海に出してくれる人なのでしょう。こういう人がいないとエンドールからブランカ地方に渡ることはできないのです。トルネコのように後々このドワーフを援助する必要があります。なんでも「ニトロの火薬」というアイテムがお城に封印されているとのことなので、おそらく「しんぴの鍵」でコーネリア城に封印されていたのはこれのことでしょう。「ニトロの火薬」はぜひともコーネリアの大臣の部屋の外で使用して、コーネリア王の進化ぶりを覗きみたいものですが、今回はむしろ「まほうの玉」として使用される模様です。で、その「しんぴの鍵」は確かエルフ族が持っていると誰かがいっていたような。

1.「エルフ」→「しんぴの鍵」→「コーネリア城の封印」→「ニトロの火薬」→「運河開通!」

2.「エルフ」→「ダークエルフのなんちゃら」→「水晶の目」→「マトーヤさん」

上記の二本のストーリーラインが見えてきましたね。とにもかくにもエルフのいる場所を探して攻め込んでいかないといけないようです。メルモンドのことは後回しにして今は「エルフのとんがり耳萌え」ということになりました。エルフってのは大概人間嫌いだったりするのであんまり気が進みませんが、戦士・エフエフは進みます、マトーヤさんのために

このブログについて

検索

About

2006年11月17日 13:51に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「港町プラボカのせっかちな住人」です。

次の投稿は「アダマンタイトとオリハルコン」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。