« だまされた勇者たち | メイン | グルグ火山の中 »

賢者ルカーンと11人の仲間達

クレセントレイクの町その町の名はクレセントレイク。借りすぎに注意な町名です。この名前を聞くのは初めてではありません。確かコーネリアの城下で誰かが賢者ルカーンは三日月を目指してなんたらかんたらとか言ってましたっけ。そのときにこの町の名前が出たはず。クレセントといったらそのまま「三日月」って意味じゃないですか?三日月形の湖に囲まれた町という洒落た命名でしょうか。町自体はいたって平和そうな雰囲気です。メルモンドの荒廃ぶりを思えば、緑の多いきれいな町並みです。この入り江の近くの町にいるのはしゃべる馬のエドではなく、賢者ルカーンという男のようです。マサールとかクリムトとか賢者ってのは、意外と忙しく世界を守ろうとしているのですね。てっきり、遊び人の将来形とばかり考えていましたが、認識を改めましょう。

陣形を組む12人の賢者町で買い物を済ませ、隅々まで歩き回っていると、広場のような場所に輪を作る12人のおじいちゃんの集団がいらっしゃいました。魔法陣でも書こうとしているのでしょうか?この中の1人が例の賢者・ルカーンであることは間違いないと思われます。ってか一人だけ帽子の色が違うのでわかりやすすぎます、ルカーンさん。どうも12人の賢者が集まって世界を救おうとしているらしい。まぁ、賢者が集まったところで、できるのはせいぜい魔王を封印するぐらいでしょう。それで後世、復活しかけた魔王が手先を使って賢者の子孫の血を集めるのです。メディ婆ちゃんを救えなかったときの無念は今も残ってます。おいしいものを食べさせてくれた人に弱いのです、自分は。

賢者・ルカーンの言うことには、彼が中心となって世界中の賢者を一同に集めて、火のカオスの復活を阻止しようとしているとかなんとか。よくわからないですが、世界が病んでいくのを止めたいってことはわかりました。他の賢者に話しかけても、クリスタルの戦士よ頼んだぞ!的なことと火のカオスの復活を止めてくれ!的なことばかりです。あぁ、なんか土のカオス・リッチを倒したことと火のカオスの目覚めに何らかの因果関係があったようです。先にクレセントレイクにたどり着いてもイベントは起こらなかったのかも。で、あとは水土風火の四要素が世界を構成するとかそんな話も学者っぽく語られました。さすが賢者様。中でも火のカオスは、手がつけられないような暴れん坊で、復活したら普通に人類は滅亡だとかなんとか。あぁ、でもまさか火のカオスの復活を未然に防げるわけないですよね、ストーリー的に。盛り上がるとこですよ、ここは。復活させまいとする緊迫した状況を作っておいて、残念間に合わず、でも戦士・エフエフがなんとか倒してしまうという筋書きですね。まぁ、目覚めたばかりのエスターク的に倒してしまうのかもしれませんが、少なくとも土のカオス・リッチよりは強いのでしょう。ブオーンぐらい強いかもしれないので油断はできません。
ちなみに水のカオス(グラコスっぽいやつ)と風のカオスはとっくに復活を果たしているようです。どのカオスが一番強いんでしょうかね。そして、ラスボスは誰なんでしょう?北の文明をやっちまったのは水のカオスさんとのことです。200年も前の話ですが、どれだけ長い間、このカオス問題は放置されてたんでしょう。クリスタルを持つ者が現れるまで必死に耐え忍んだのか・・・200年もよくぞ待ったというか、消極的過ぎるきらいがあるなぁ。風のカオスは400年前に復活したってことなんで、こいつがラスボスな可能性もありそうです。

ところで、この賢者集会にサーダさんの姿が見当たりません。あの人なら世界代表賢者の一人に選ばれてもよさそうなもんですが、ここにいないということは13番目の賢さどまりなんでしょう。「賢者」ではなく「物知り」どまりなレベルなのでした。あの髭があればこの場に加わっていても、一切違和感ないのですが、物知りなだけではダメみたいですね。もちろん天才ウネ氏もこの場にはいません。やつも「賢者」ではないってことですな。「物知り」ですらない彼の肩書きは「自惚れ屋」に決まってます。それか「自称天才」。

初めてのカヌー旅行火のカオス討伐のために賢者の一人が素敵なプレゼントをくれました。カヌーです。ディズニーランドのトムソーヤ島の周りを漕いで回るあれです。手漕ぎなので四人の息を合わせないとまっすぐ進めないことでしょう。誰か一人サボろうものなら、たちまち船体が右に曲がるのです。
どうもこれを使うことによって浅瀬を渡ることができるようなのです。入り組んだ入り江によって交通障害の多い土地ならではの必需品といったところでしょう。さっそく外に出て、カヌーを漕ぎ出してみます。船ほどスピードは出ませんが、これはこれでオツな旅になりそうです。レッツ、カヌー探検。目指すは火のカオスの住まう火山なり~。

って適当に船を漕いでいたら、誤ってエルフの町についてしまいました。ついでだからエルフの王子にも挨拶しておきましょう。神秘の鍵師のあいつです。今はもう立派にベッドから起き上がっています。お付のドクターも健在な様子。そういえばエルフの町には預言者なんてのがいましたっけねぇ。そろそろ預言の一つや二つ出てきてもいいんじゃないでしょうか?そしたら、二人いた預言者のうち一人は頑張って預言を生み出していた。

預言者「火山の・・・ふゆうせき・・・お前を待っている。」

・・・断片的にしか覚えてませんが、多分、この先、火のカオスを倒しにいく過程かその近辺で浮遊石をゲットするイベントがあるってことなんでしょう。そんなこと預言されるまでもないので、もうちょっと有意義な預言をいただいてきて欲しかったです。主にエキドナとアーリマンのじしん対策については早急になんとかした課題事項なのです。もう一人の預言者よ、よろしく頼むよ。

このブログについて

検索

About

2006年12月25日 10:25に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「だまされた勇者たち」です。

次の投稿は「グルグ火山の中」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。